top of page
  • 執筆者の写真idei chiyuki

意識付けがすべて!小さな会社の認知活動が向上する方法【シンプルなブランディング】


小さな会社のブランディング戦略
意識付けがすべて!小さな会社の認知活動が向上する方法


こんにちは。コミュニケーションスムージーです。


コミュニケーションスムージーでは、「成長戦略に直結するブランディング」をテーマに、お忙しい経営者様のご支援をしています。


本稿では、小さな会社がマーケティング活動を行う際に、そのアプローチにおいて「ブランディングの意識」を持つ必要性について書いています。



***





 

積極的なマーケティング活動に潜むリスク

 


小さな会社が自分たちのサービスを知ってもらうためにマーケティング活動を行う際、つい「目立とう!」「聞いてもらおう!」という強い意識が先行しがちです。


ですが、このようなアプローチは、受け手である顧客にとっては疑念や警戒心を引き起こすことが多いものです。


現代社会では、同業者だけでなく異業種の会社でさえ競合相手となり得ます。そのため、積極的なPR活動が必要だという声が聞かれますが、一方でブランディングの意識を欠いたマーケティング活動にはリスクがあります。






 

ブランディング意識がもたらすメリットは「存在感」

 


■最初のアプローチは「顧客目線での柔らかいコミュニケーション」が必須


「知ってもらいたい!」という姿勢が前面に出過ぎてしまい、その熱意が、押し売りや押し付けと受け取られ、コミュニケーションがうまくいかない...といったケースを見聞きします。


一生懸命さが仇となるではないですが、

真摯に活動していても「ブランディング」意識がないと、どうしても「セールス」視点に意識がもっていかれてしまうんですよね。


顧客のためと言いながらも、我が社のためにといった思考になってしまう。


そういうつもりでなくても、潜在的な想いは、意図を超えた部分ににじみ出てしまうのです。


認知度の低い小さな会社だからこそ、ブランディング意識を持って、最初のアプローチを「やわらかく」していくことは鉄則です。



■ブランディングの意識で「表現が柔らかくなり、かつ、意識が集約されて強くなる」


セールスの意識を保ちながらも、顧客の視点に立ったコミュニケーションを行うことが大切です。ブランディングイメージをしっかりと作り上げることで、押し売り感を回避し、自然な形で顧客に受け入れられるようになります。


 

とはいえ、自分たちが提供できる価値をPRすることは容易いですが、それを顧客目線で「心に響く言葉に変えて」PRしていくことは案外難しく、思うように表現できないのが実情ではないでしょうか。



コミュニケーションスムージーでは、会社の認知度向上だけでなく、成長戦略を描く際にも「核」となってくる「ブランディングコンセプト」の策定を行なっております。


「ブランディングの一環でロゴとホームページを作ったが問い合わせがない」「新たな打ち手を考える時間がない」とお困りの経営者さまはお気軽にご相談ください。 認知度を上げるWEBコンテンツ





↓ こちらの記事で「限られた予算で事業価値を最大化させる戦略」をお伝えしております ↓

\ぜひご覧ください/



Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page