• コミュニケーションスムージー

楽しさが人々の行動を変える




もう何年も前の話しですが、

フォルクスワーゲンが「The Fun Theory」というサイトを立ち上げて

面白いキャンペーンを行っていました。



「楽しさが人々の行動を変える」という考え方に基づいて、


アイデアを具現化し、実験した動画を公開しているものでした。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


<具体例>


スウェーデンの駅にある、階段。

エスカレーターがものすごく混んでいる、ダイエット中など

何かしらの理由がないと自然にエスカレーターを使ってしまい、

階段はほとんど使われることがない。



そこで持ち上がった「お題」は、

この階段を、どうしたら使ってもらえるようになるのか?

クリエーターは考えます。


階段を使ったほうが楽しければ、多くの人が利用するのでは?

そうして出てきた一つの解が...

★階段をピアノの鍵盤にして音が出るようにした。

→すると、どうなったか。なんと利用者が「急増」したそうです。

 素晴らしい!



ほかにも、

回収率の低い瓶の回収率を高めるために、回収箱をゲームにした「ペットボトル銀行」や、

公園に落ちているゴミをなくすためのアイデア「世界一深いゴミ箱」など

遊び心あふれる実験が紹介されていました。



こうした面白い仕掛けは、

日本でも、世界各国でも、行われていたりしますが、



人々の自主的な行動(導線)を仕掛けて、

「楽しそう!→やってみたい!→楽しい!」という気持ちを創り、

仕掛けた側も仕掛けられた側も、みんなにとって良い結果をもたらすクリエイティブ。


これぞ理想の仕事の在り方!


ここまで大規模でなくても、

私たちの仕事においても、この発想をもって取り組んでいけたら、と

刺激になる事例のひとつです。




<PR>

人々の行動に変化をもたらす楽しさを創る「広告・宣伝活動」なら、

コミュニケーションスムージー


お問い合わせはこちら⇒ c.smoothie.idei@gmail.com


All Rights Reserved. Copyright © Communication Smoothie.2019